Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

「抵当権がついている物件が売れるか」問題

コラムCOLUMN

売却の豆知識

2022/07/04

「抵当権がついている物件が売れるか」問題
「抵当権がついている物件が売れるか」問題

担保になっている土地を売却できるか? 抵当権付きの不動産を売却する

基本的に土地や住宅などの不動産の売却は住宅ローンを完済してから行います

しかし、経済的な理由や生活の変化などで、ローンを完済する前に自宅を売却したい、と思うこともあると思います。


結論から言うと、担保にしている(抵当権がついている)物件であっても売却することは可能です。


どのような方法であれば可能なのか、シェアしておきましょう。


■抵当権について知っておこう

抵当権とは、お金を貸してくれる金融機関が返済が滞るなどのリスクに備え「担保にした不動産によってローンの弁済を受けるため」の権利のことです。


住宅ローンは基本的に「購入する不動産」が担保にかけられます。


ローンは長期間にわたって毎月一定額ずつ支払っていくことになりますが、時としてローン返済が滞ってしまう可能性もあります。


そのような場合に備え、お金を貸している金融機関は「返済できなくなったら、その不動産を売って返済に充ててもらう」ことができます。これが抵当権です。

■不動産を売却するには抵当権を抹消する必要がある


抵当権つきの不動産を売却するためには、金融機関が持っているその不動産に対する抵当権を抹消する必要があります。


抵当権を抹消するには、ローンを完済しなくてはいけません。つまり、残債(残ったローン)を一括で支払う必要があるということです。


それをするだけの現金が手元にあり、生活の変化を理由に不動産を売却するというケースなどであればこの方法で問題ありません。


しかし、抵当権つきの不動産を売却しようと考える方の多くが、ローンの残りを一括で支払うことが難しい状況にあると思います。


実は、抵当権がついたままでも売却ができないわけではありません


しかし、抵当権がついている不動産は売主のローン返済が滞ると、担保として競売にかけられてしまうリスクがあるのです。


そのようなリスクのある不動産を購入したいと考える人はいないので、自然と買い手を見つけるのが難しくなってしまいます。


■抵当権抹消と同時にする


売却したお金で、売主のローンの残債を一括して支払い、金融機関の抵当権を抹消し、同時に、買主の所有権を設定することができます。


こうすれば、抵当権付きの不動産を売却することができます。


もっとも、この方法をとる場合は事前に売主は金融機関と司法書士と事前に打ち合わせをする必要があります。


■まとめ

やむを得ない事情で、ローンを完済していない不動産を売却しなくてはいけないケースは多々あるものです。


そういうときは不動産業者にご相談してくださいね。